2013年12月24日

小さい子供連れた女性がうちの車のドアを開けようと無理やり取っ手を引っ張ってる

うちは雪国じゃないけど最近夜になるとものすごく寒くて、エンジンを止めてると車が真っ白に凍り付いて大変。

なので、近所のカス○で買い物をしてる時、あと5分くらいで買い物が終わるくらいのタイミングでリモコンでエンジンかけといた。

駐車場に戻ってみると小さい子供連れた女性がうちの車のドアを開けようと無理やり取っ手を引っ張ってるのを発見。

リモコンでエンジンかけたら、そのリモコンで操作しない限りロックは外れない。

警備員さんに「うちの車に悪戯してる人がいる」って言って注意してもらった。

女性は「うちの知り合いの車なんですー♪ 子供がいるから開けてくれるって言ったのにー」 とさらっと嘘ついてたが、私が「全く知らない人です。怖い」とマヤっといたから警備員さんは女性の言うことを信じずに、とりあえずやめなさいと繰り返し注意。

思い通りにならずにむかついたのか、女性がふんっとうちの車に蹴り数発。更にバッグを叩きつけた。

思わず「うちの車に何すんのよ!」と声を出してしまったところ、女性即座に逃走。
(万が一キチだったら、という警備員さんの配慮で私は他人のふりして離れたところで見てた)

あっさり逃げられてしまったが、子どもは母親を追わずにそのままだったのでその子を確保。

事務所で話を聞くが、全く喋らず(無表情というか目線も動かない。音も聞こえてないっぽい)
身元がわかるものも持っていないので警察に通報。

すぐに警察が到着したが、ほぼ同時に女性も戻ってきた。何事もなかったかのように子どもを連れて帰ろうとしたので、車の補償を要求するとふじこふじこー。

でも警察の目の前で逃げられるわけもなく確保され、私はそのまま被害届を出すことに。

結果、修理代の10倍以上の現金を女性の両親から押し付けられて示談成立。被害届取り下げ。

金額が多くて怖くなったので一部返金しようとしたが、もらってくれないと困ると強硬に主張されたので折れた。

断ったら仕返しされそうな雰囲気だったし。

余談ですが、その車はもう10万q以上走っていたので3月の車検を待たずに買い替える予定でした。

うちの旦那は「一つ上のグレードの車が買えるよ(*・∀・*)」と喜んでます。

スカッとしてなくてすみません。

全部知り合いの弁護士にお願いしたので、私はあちらの顔も知りません。
(車を蹴られた騒動の時に女性を見たがあの時だけ)
あっちもこちらの名前や住所は知らないはず。
行動圏がかぶってるのがちょっと怖いのでしばらく警戒はしておきますね。

スマートだなんていってもらえると嬉しくなるけど、以前ご近所トラブルに巻き込まれて(よくある境界線問題)

まともに相手してたら家凸された挙句に家財を壊されたことがあったので、今回は早めに弁護士さんにお願いしたの。

弁護士さん曰く、相手になるべくこちらの情報を渡さないことが大事、としっかり言われたからよかったよ。

見直して誤解招きそうだなーと思ったので追記。

ラッキーなお金でも何でもないので、今回のお金は全額子供の学資保険にする予定です。

もう次の車のお金は準備できてるし、旦那には悪いけど大きな車なんてあっても持て余すだけなのでw


posted by 修羅場場速報 at 12:50 | Comment(0) | キチママ・キチ・クレクレ・セコケチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。