2014年03月20日

左折で出ようとした時

路地から片側一車線の通りに左折で出ようとした時のこと。

通りは信号待ちで車が連なっており、俺はベンツとタクシーの間に入る形となった。

タクシーは車を入れたくないようで車間を詰めていたが、バイクなら入れる間隔だったので、運ちゃんを見て頭を下げる。
が、帳簿記入中でこちらに気が付かず。

まあいいか、とそのまま信号が変わるまで待ちベンツに続いて発進する。
と、いきなりクラクション!
びっくりする間もなく気が付くと、横にはタクシーが併走しながら助手席の窓を開けて怒鳴っていた。

何を言ってるのかは聞こえなかったが、幅寄せしてきてるのは判ったので素直に引くことに。

ふと前を見ると、ベンツは右折車に引っかかり止まっている。

タクシーの運ちゃんはまだこっちを見て怒鳴っている。

ああ、ぶつかるなーと思った次の瞬間にはガシャーンと・・・

出てきたメルセデスの方は怖そうでした。
運ちゃんは引きずり出されながらこっちに向かって、おまえの所為だろッおまえの所為だろッって叫んでました。


posted by 修羅場場速報 at 07:02 | Comment(0) | 武勇伝・スカッとした話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。