2014年03月21日

疲れちゃったーよぉー座りたいよぉー

武勇伝かどうか判らないが
先日下りのやや混み気味の電車に5-6才の男の子を連れた母親が乗ってきた。
自分の隣くらいに陣取ったのだがそれがまさに
「ママーAちゃん疲れちゃったーよぉー座りたいよぉー」と喚く子供
「そうねえきっと優しいヒトがいるわよーそのうち空くから我慢ねー可哀相ねー」
と甲高い声で繰り返す母親
とどうみてもDQNのテンプレ通りです。ほんとうに(ry

と親子の斜め前くらいに座ってた若い女性が子供に話しかけた。
「僕、疲れちゃったの?」
途端にニヤリと頷く子供
「大きいお兄さんはちゃんと我慢して立っていられるけど、赤ちゃんは小さいからすぐ疲れちゃうんだよね。僕、ちゃんとしたお兄さんに見えるけど赤ちゃんなのかな?赤ちゃんなら座らせてあげる」
とお姉さんはニッコリ。(もうちょっと上手に言ったかもだけどうろ覚え)
男の子はムッとして
「僕赤ちゃんじゃないもん!お兄さんだから立ってても平気だもん!」
「そうか、えらいねー」とお姉さんニコニコ
母親が慌てて「Aちゃん、すぐ疲れちゃうでしょ。小さいんだから座らせてもらいなさい!」
と金切り声で言っても男の子は
「平気!Aちゃんお兄さんだもん!」
と言ってがんとして座らなかった。
その後は「座りたい」と言うこともなく手すりに掴まってしゃんと立ってた。

30分ほどで親子が降りていったので、お姉さんに
「お子さんの扱いお上手ですね」
と話しかけたら、ちょっとはにかむように微笑して
「幼稚園の仕事をしてますので…」って。
地味目だったけど清楚で可愛い人だった。
自分的にはお姉さんGJ。


posted by 修羅場場速報 at 00:41 | Comment(0) | 武勇伝・スカッとした話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。